介護支援ブログ

介護制度について分かりやすく解説しています。介護に関っている全ての方々に役立つ総合介護情報サイト目指しています。現在は主に介護職員処遇改善加算、キャリアパス要件、介護保険施設等の実地指導について執筆中です。

モニタリングのやり方とは?業務内容を解説

利用者に対して、細かな変化に気づき、その状態に合った介護サービスを提供するために、モニタリングを行うことが大切となります。

今回は、そのモニタリングについて、実際にどのように行うかを解説したいと思います。

サービスを行う担当者だけが知っているのではなく、すべての介護従事者がその手法を知ることにより、より円滑な運営を行うことに繋がると思います。

f:id:kaigo-shienn:20170407101504j:plain

モニタリングのおさらい

モニタリングの目的

利用者は、疾患等により日々状態が変化する恐れがあります。

そのため、モニタリングを行うことで利用者や利用者を取り巻く環境の変化を素早く察知することが目的となります。

サービスを提供する中で、利用者を観察し、ケアプランに沿った内容で的確にサービスが受けられているか確認します。

また、問題となっていると思われる事柄や、新たな課題が発生していないか、目標に向かっているかなどの視点も忘れないようにしましょう。

直接関わることが重要であり、言いにくいことを察知したり聞き出したりして、信頼関係を築きましょう。

不適切な支援が継続されることで、利用者の心身状況が悪化する恐れもあるため、適切な視点を持ってモニタリングを行うようにしましょう。

モニタリングの概要

介護の現場において、モニタリングを行うのはサービスを提供する事業所のサービス提

供責任者です。

利用者に対して、上記で述べたような視点で観察を行います。

時期については、日々行うモニタリングと、1カ月に一度定期的に行うモニタリングが

あります。

様式については下記にURLを記載しておきますので、確認してみてください。

モニタリング 様式

モニタリングにおける業務内容

施設職員による日々の記録

施設職員によるモニタリングは、2種類が考えられます。

1つ目は、日々の生活の中で観察したことを記録していく日常的なモニタリングです。

日常生活において利用者と接する中で気が付いた点や、会話している時に気になったことなどを記録します。

例えば、以前は受け答えに時間がかからなかったが、最近は聞かれたことに対して数秒間を置くようになったなどです。

日々、観察しているからこそ分かる些細な点を見つけて記録するようにしましょう。

 

2つ目は定期的なモニタリングです。

日常的なモニタリングから、毎月一度、実施状況を確認します。

そして、3カ月に一度の頻度で見直しを行い、課題や目標の継続などについて検討を行います。

ケアマネジャーへの定期報告

基本的に、毎月一度、ケアマネジャーに対して現在の状況報告を行います。

先ほどの日常的なモニタリングをまとめあげ、定期的なモニタリング結果を報告しましょう。

なお、利用者の状態変化など、緊急性が高い場合はこの限りではありません。変化を察知した時点で、迅速にケアマネジャーへ連絡し、状況を報告するようにしましょう。

ケアマネジャーへ定期報告を行うことで、利用者のサービス自体も見直しが必要となる場合もありますので、専門的な視点で的確な報告を行いましょう。

期間終了時の施設内でのモニタリング

モニタリングは、目標が達成されるであろう期間を設定します。

その期間が終了する前に(更新時)、計画が円滑に行われているか否かを判断します。

施設内で担当者会議を開催し、専門職から意見をもらい話し合うようにしましょう。

検討を行った結果、目標が達成されない、状態変化が著しい、などの場合は改めて目標や支援内容を設定し直します。

大きな状態変化が見られない場合は、同様の支援内容を継続する場合もあります。

3カ月や半年程度で行う場合が多いでしょう。

なお、急な状態変化などで計画が円滑に行えない場合、緊急性を要する場合は、上記の期間に捉われずに適宜モニタリングを行います。

必要に応じて、ターミナルケアに切り替えるなどの視点が必要です。

ケアマネジャーへの報告書提出

施設内でモニタリングを行った結果について、担当ケアマネジャーに対して報告書を提出します。

サービスが円滑に行われているか、利用者が支援に対して満足しているか、利用者の心身状況等の変化を捉え、サービスを継続または変更した方が良いのかなど具体的な事実と考察を記載しましょう。

モニタリングの書き方

モニタリングにおける書き方や記入例を見ていきましょう。

モニタリングには利用者の状態を記録します。

そのため、日々の記録を通して感じられた変化や、気になった点など細かな点を見逃さないようにしましょう。

大きな変化がみられない場合は、目標や支援内容に対して引き続き同じ内容で良いのか考察を書きましょう。

具体的な内容については、以下の項目を記載します。

サービスが適切に行われているか、課題の充足度、短期目標の達成度、ケアプラン変更の有無、本人や家族の満足度、それに加えて考察を記載します。

 

記入例を見てみましょう。

 

(短期目標)認知症の悪化を防ぐため、皆さんと過ごす時間を作り交流することができる。

→ この短期目標は達成しなかった。理由は日中居眠りすることが多く、交流する時間が少なかった。午前中は比較的意識がはっきりしているので、午前中に時間と具体的な内容を決めて、皆さんと一緒に過ごせるような工夫が必要。

 

上記の例では、短期目標に対して達成しなかった旨を報告しています。そして現状はどうだったのか、また、午前中であれば活動を促せるので、具体的な時間や内容を決定した方が良いと提言しています。このように実情がケアマネジャーに伝わるようにしましょう。

まとめ

今回はモニタリングにやり方と業務内容について見てきました。

担当者だけでなく、事業所のすべての職員が把握することにより、適切なモニタリングを行い、より良い運営に繋げられることを願っております。

この記事が参考になったという方は、シェアをお願いします。

 

 

モニタリングについて、こちらからダウンロードできるPDFファイルがわかりやすくまとまっているのでご参考になるかと思います。ぜひご活用ください。

にほんブログ村 介護ブログ