読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護支援ブログ

介護制度について分かりやすく解説しています。介護に関っている全ての方々に役立つ総合介護情報サイト目指しています。現在は主に介護職員処遇改善加算、キャリアパス要件、介護保険施設等の実地指導について執筆中です。

特段の事情や電話等、モニタリングの留意点について

f:id:kaigo-shienn:20170428152143j:plain

ケアマネジメントを行う上で大切なのが、ケアプランの改善を行うモニタリングです。

しかしながら、特段の事情などモニタリングを行う上での詳細についてはなかなか情報が少ないと思われます。

今回はモニタリングにおける留意点を詳細に解説していきます。

ぜひ、ご一読ください。

f:id:kaigo-shienn:20170404142015j:plain

 

モニタリングのおさらい

モニタリングの概要

モニタリングは、ケアマネージャーが毎月1回利用者宅を訪問して行います。

ケアプランが適切に行われているか、また新しい課題などが生じていないか等、実際に利用者本人や家族と話をする中で確認していきます。

 

 モニタリングを行う時期は、概ね10日から20日頃を目安に行います。

毎月の業務を考慮して、ちょうど良い時期を見極めましょう。

 様式については、事業所の介護ソフト等により異なります。

一例として、神戸市のモニタリング表を記載しておきますので、参考になさってください。

神戸市のモニタリング表

電話によるモニタリング

モニタリングは基本的に利用者宅を訪問して行いますが、やむを得ない事情により訪問ができない場合、電話でも良いとされることがあります。

災害にあったため、利用者が自宅を離れており、自宅での面接ができないという例をみてみましょう。

自宅に住めずに避難先に避難している場合は、避難先が自宅とみなされます。

そのため可能であれば、避難先を訪問して面接することが求められます。

しかしながら、利用者がサービス実施区域を超えるなどの遠方に避難や入院等しており、長期に自宅を離れる場合も考えられます。

 

避難先においてサービスを利用しないといった場合は、「特段の事情」に当てはまりますが、電話によって利用者の状況把握を行うようにしましょう。

避難先でサービスを受けることを希望し、居宅介護支援事業所を変更しない場合は、特段の事情に該当しないため、訪問することが求められます。

モニタリングにおける特段の事情

特段の事情とは

モニタリングにおける特段の事情とは、利用者起因で何らかの事情によって、自宅を訪問してモニタリングを行えない状況のことを言います。

 

例えば、利用者が急に入院することになったり、家族が自宅での生活を続けられなくなったり、災害等で自宅から避難しなければいけない状況などが考えられます。

上記のようなケースでは、自宅を訪問することが困難になることが考えられます。

そのため、各自治体へ状況を説明し、指示を仰ぐようにしましょう。 

特段の事情についての申請書や支援経過等書面の提出が求められますので、必ず事前に対応を確認しておきましょう。

特段の事情の効力

特段の事情に該当となった場合、自治体の指示を仰ぐことになります。

しかしながら、本来のモニタリングの趣旨は、利用者本人の心身の状況把握に加え、ご家族や自宅周辺の生活環境を知ること、事業所等との情報共有にあります。

そのため、特段の事情に該当すると判断された場合であっても、可能な限りにおいて利用者宅を訪問して面接を行い、課題等の把握を行ったり、ご家族と連絡調整を図ったりすることが大切です。

 

さらにこのモニタリングを行った場合について、記録をしっかり残しておきましょう。

記録がない場合は、減算の対象となる場合もありますので注意しましょう。

特段の事情は継続的に認められていくものではありません。

該当月の翌月以降についても、必要な場合は書面にて各自治体へ報告することで、特段の事情に該当するか否かの判断を受けることが求められます。

特段の事情の範囲

どういう場合に該当となるのか、例を見ていきましょう。

 

1つ目は、利用者宅を訪問することにより、利用者とご家族の関係が悪化すると客観的に判断される場合です。

虐待がある等の理由によって、利用者宅の訪問によって、利用者とご家族との関係が悪くなることが予想される場合、各自治体等関係機関とよく相談し、訪問を控えるという結論に至った場合は、特段の事情に該当すると認められます。

 

2つ目は、利用者が緊急入院となったために、利用者宅でモニタリングが行えなかった場合です。

月の途中で利用者が入院となり、その月のうちに退院できない場合が考えられます。

その際には利用者宅を訪問してのモニタリングが行えないことになりますので、特段の事情に該当すると認められることになります。

ただし、モニタリングには先述したような趣旨がありますので、可能な限りにおいて利用者の入院先を訪問して面接を行うことが求められます。

その場合も記録に残しておきましょう。

 

3つ目は災害等で利用者宅が被災したため、利用者宅を訪問することができない場合です。不可抗力によるもののため、特段の事情があると認められています。

尚、特段の事情に該当する場合は、必ず利用者起因によるものであり、介護支援専門員に起因する事情は含まれません。

特段の事情に該当する場合

届出は必要なのか

あらかじめ各自治体へ事情を説明し指示を仰いだ後、書面の提出が求められます。

特段の事情による申立書や支援経過、居宅サービス計画書ほか各自治体に支持された書面を提出することになります。

居宅サービス計画書への記載は必要なのか

特段の事情について、居宅サービス計画書への記載は求められていません。

支援経過やモニタリング表などにおいて、利用者宅でモニタリングが行えない理由を明確に記録しておきましょう。

保管期間

モニタリングの結果の記録は、5年間保存しておくこととなっています。

減算の取り扱いはどうなるのか

特段の事情に該当すると判断された場合は、減算の対象にはなりません。

しかしながら、利用者宅でモニタリングが行えない理由が明確に記録されていない場合、減算の対象となりますので、必ず記録に残しておきましょう。

まとめ

今回の記事では、モニタリングの留意点について見てきました。

特段の事情について詳しく解説しましたが、正しい判断、申請を行って、減算にならないようにしましょう。

この記事が参考になったという方は、シェアをお願いします。

 

 

モニタリングについて、こちらからダウンロードできるPDFファイルがわかりやすくまとまっているのでご参考になるかと思います。ぜひご活用ください。